カナダ情報

カナダの中心、オンタリオ州

 

1.カナダ国内最大の経済圏

オンタリオ州は、カナダ全体のGDPの約4割、輸出生産の約5割を占めており、トロント証券取引所は北米大陸3番目の規模を誇ります。また法人税率はアメリカ各州よりも低く、外国直接投資先北米第一を堅持しています。

2.巨大な市場規模

NAFTA(北米自由貿易協定)により、カナダ-アメリカ-メキシコ間は自由市場となり、域内GDP21兆ドル、人口4億8,000万人を超える巨大マーケットが誕生しました。オンタリオ州の経済圏は隣国アメリカの主要な大都市圏を含んでおり、その立地条件は大きな価値となっています。

 

3.移民による人口成長、経済発展

オンタリオ州政府は2041年までの成長開発計画(グロースプラン)を公示しています。カナダ経済の中心地であるオンタリオ州は、他のどの州よりも多くの企業と人々を惹きつけており、都市開発も盛んにおこなわれています。
(出典:オンタリオ州政府グロースプランtable1予測値)