ナイアガラ地区

ナイアガラ地区はGTA(グレータートロントエリア)と米国ニューヨーク州に隣接する都市圏です。
ナイアガラの滝で有名な観光地でもありますが、カナダと米国どちらの主要経済圏にも近接する立地から住宅地としての人気が高く、特に近年ナイアガラ地区の不動産マーケットは過去最大の活況期に入り、国内外から大規模な不動産開発計画も相次いでいます(参照1参照2)。

その人気は止まらず、2011年から2016年にかけての人口増加率は、それ以前の5年間と比較し300%も急伸しました。
この動きにナイアガラ市行政も、1ヘクタール当たりの居住者数及び雇用者数を50人から80人に増やすなど、対応に追われています。

この住宅市場の過熱もあり、ナイアガラ経済はカナダ第2位となる勢いを見せています。

ナイアガラ地区について詳しくはエリア情報をご覧ください。(PDF)